読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Makopy'5 La6

スマホアプリ開発とかその周辺のこととか関係ないこと。または恋は言ってみりゃボディー・ブロー

(Mac)Xamarin StudioにPrism Template Packを導入する

導入手順

導入自体は簡単です。

アドインマネージャーを起動

f:id:makopy_inside:20170316092702p:plain

アドインマネージャーから選択してインストール

検索バーに「prism」と入力すると候補に出てくる
f:id:makopy_inside:20170316092709p:plain

利用手順

新規プロジェクト作成時に「Prism Unity App」を選択

f:id:makopy_inside:20170316092738p:plain

新規プロジェクトが出来たらそのままスケルトンをビルドしたいところですが…。
そのままだとエラーになってしまいます。

usingの追加

.iOSのAppDelegate.csと.DroidのMainActivity.csに下記のusingを追加する。

ここまでやるとスケルトンがビルドできます。


あとがき

本来なら、Prismとは何ぞやとかMVVMについてとか、自分自身のために整理しておきたいところですが…。
その辺りはまた暇を見て書けたらなぁと思います。

Prismについては、nuits.jpさんがきちんとまとめて下さっていて、非常に参考になります! www.nuits.jp

Prismを使用するメリットはたくさんあります。
本当は、もう少しすっぴんのXamarin.Formsで苦労をしてからその恩恵を受けようと思っていましたが…。
便利なので必要に応じてガンガン使っちゃいます!w